度付き防弾レンズについて

■「普通」のレンズでは意外とあっけなく割れてしまいます

左の画像は一般的な眼鏡に使われるレンズ(屈折率1.6素材)を0.2gBB弾を初速95m/s、距離1m程度で撃ち抜いたものです。1J(ジュール)に満たない力でも割れてしまいます

これがどれほど危険なのかは言うまでもありません。

サバイバルゲームに限らず、バイクや自転車で着用するアイウェアには度無しであれば、それ相当のレンズが使用されていますが、度付きとなれば話は別です。

度付きで制作する場合にも普通のレンズではなくプロテクション効果の高いレンズで制作する事をお勧めしています。

​当店ではサバイバルゲームに特化して独自の被弾実験を行いサバイバルゲームは勿論、エクストリームスポーツや自衛官の皆さんに使用していただけるようなレンズをご案内しています。

■防弾プロテクターから生まれた割れないレンズ NXTレンズ

​ポリカーボネイドやアクリルを超える軽量さ、耐衝撃性能、耐久性を持つ次世代マテリアルとして登場したのがNXTレンズです。

NXTポリマーは米陸軍による超軽量防弾プロテクター開発プロジェクトから生まれた素材であり、マグナム弾をも貫通させない強度を誇っています。

​また強度だけでなく歪み、劣化が少なくハイクオリティな光学性能と非常に優れた軽量性を持つ次世代レンズです。

ハイコントラストカラーや偏光、調光にミラーコートと選べるオプションは多岐に亘り、あらゆるニーズにお応えできます。

レンズの加工は専用のラボで1つ1つ、ほぼハンドメイドで仕上げています。

​特殊な脱着方式のフレームにも対応し、ご要望があればベンチレーション加工(通気孔)等も対応可能です。

■1kgの鉄球でも割れない?! HOYA PHOENIX

​こちらもポリカーボネイドを超える耐久性と光学性能を持った次世代レンズ。

​一定の厚みを確保して制作しないとBB弾で割れるという被弾実験結果が出ている為、制作の際はサバイバルゲーム用として厚みを確保したオーダーが必要になる。

また制作に条件が数点

・調光、ミラーのオプションが選択できない。

​・対応フレームがフルリム(縁が全てあるタイプ)限定。

​と、制限が多いものの例えばクリアレンズでのオーダーの場合NXTレンズの半額以下で制作が可能、優れたコストパフォーマンスが特徴のレンズ。

■値段は?オーダー方法は?

NXTレンズが40000円~オプション次第では60000円を超えるハイエンドモデルとなっています。​

HOYA PHOENIXが18000円~高く見積もっても30000円を超える事はありません。

ただ度数によって制作不可であったり、レンズカーブに制限が掛かる、多岐に亘るオプション等と少々複雑な仕様です、都度お見積りをさせて頂いています。

また店頭での検眼が難しい場合処方箋や今お使いの眼鏡を送って頂くことで通販での対応も行っています。

​使用シーンや装備コンセプト等を伺い数パターン提案の上、お見積りさせて頂きます、お気軽にご相談下さい。

公式LINEアカウントが御座います、画像やデータのやり取りに非常に便利です。

お問い合わせの際は是非LINEをご利用くださいませ。

​また新着情報やセール情報もお届けしております、気軽に登録下さい。

© 2017 SMILE-EYE TACTICAL